さいたま市 南浦和 トリガーポイント鍼灸専門院 腰痛 肩こり 脊柱管狭窄症

HOME
治療院紹介
院長紹介
施術内容
システム・料金
24h web予約
エコーガイド下 Fasciaリリース
患者様の声
症例報告
問診票ダウンロード
院長のブログ
Facebookページ

カテゴリ

  • カテゴリーなし

カレンダー

Calendar Loading
うちくね鍼灸治療院の口コミ・感想をもっと見る

院長のブログ(2017年12月)

院長のブログです。

おはようございます!(^o^)

さいたま市南浦和にあります

痛み・しびれの専門治療院、

うちくね鍼灸治療院です。

 

記事をお読みいただきましてありがとうございますm(_ _)m

 

腰が痛いというのは私も経験がありますが、本当に辛いことですよね。動くたびに痛かったり、じっとしてても痛かったり、常に腰をかばいながらの動作になったりしますし、とても憂鬱な気持ちにもなりますね(>_<)

 

慢性腰痛で諦めかけている方もトリガーポイント鍼灸療法なら、驚くほど改善させることが可能です。

 

諦める前にぜひ一度お試しいただけたらと思います。

 

それでは、本日は“腰方形筋”をご紹介させていただきます。

 

腰方形筋は骨盤の上側や腰骨の横の突起から始まって、1番下の肋骨についています。

 

 

体を横に倒したり、後ろにねじったり、腰骨を安定させるために活躍します。

 

この腰方形筋がトリガーポイント化しますと、慢性腰痛やぎっくり腰の原因になることがあります。

 

後ろに振り替える時に腰が痛い方、体をひねって何かをするのが痛い方、買い物袋など少し重めの手荷物を持つと腰が痛い方、表面の筋肉を治療したけど腰の痛みが治らない方、

 

腰方形筋をトリガーポイント鍼灸療法で治療すると、改善する可能性がありますのでお試しいただけたらと思います。

 

腰痛治療もどの筋肉がトリガーポイント化しているかを適切に判断することが大切ですが、超音波エコーでfasciaの癒着を評価するとより精度が高くなり、治療結果も向上します。

 

当院では、動きや触診での判断に加えてエコーでの評価も重要視させていただきますので、的確にトリガーポイントを特定し安心・安全に施術させていただきます。

 

以上、5回にわたって腰痛に関わるトリガーポイント化しやすい筋肉を解説させていただきましたが、次回からは“首の痛み・肩こり”に関わる筋肉をご紹介させていただきます。

 

次回は“僧帽筋”です。

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
南浦和トリガーポイント うちくね鍼灸治療院
さいたま市南区南浦和2-35-10田中彦ビル502
Tell:048-767-3089
E-mail:s.u2017@uchikune-hari.com
院長  内久根進一
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

こんばんは!

うちくね鍼灸治療院の内久根です。

 

ここ数日間、とても寒い日が続いておりますね。今年は特に寒い気がするのは私だけでしょうか(^^)

 

寒さが影響してなのか、最近、腰痛で来院される患者様が非常に多いです。

 

トリガーポイント鍼灸療法は腰痛に対して非常に優れた効果を発揮します。

 

本日は腰痛治療に欠かせない“多裂筋”をご紹介させていただきます。

 

背骨の横の突起から始まって、2~4個ほど上の背骨の真ん中についております。

 

多裂筋はどちらかというと背骨を大きく動かすというよりも、背骨を安定させるために主に働きます。

 

したがって、前後に腰を曲げる時はもちろんのこと、同じ姿勢をキープする(立っている、座っている、中腰、寝ている)時にも背骨がズレないように活躍します。

 

逆を言えばそれらが原因でトリガーポイント化しやすいともいえます。

 

したがって、多くの腰痛で治療対象となる筋肉といえます。

 

腰の中心が痛い方、腰を曲げると痛い方、腰を反ると痛い方、朝起きた時に腰が痛い方、座ってると腰が痛い方、立ってるいると腰が痛い方、立ち上がる時に腰が痛い方、寝返りで腰が痛い方、などなど

 

多裂筋をトリガーポイント鍼灸療法で治療してみると、改善する可能性がありますのでお試しいただけたらと思います。

 

次回は“腰方形筋”をご紹介させていただきます。

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
南浦和トリガーポイント うちくね鍼灸治療院
さいたま市南区南浦和2-35-10田中彦ビル502
Tell:048-767-3089
E-mail:s.u2017@uchikune-hari.com
院長  内久根進一
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

こんばんは!(^O^)

さいたま市南浦和にあります

痛み・しびれの専門院

うちくね鍼灸治療院の内久根です。

 

トリガーポイント鍼治療は

腰痛に対して優れた効果を発揮します。

 

なかなか治らない慢性腰痛も

トリガーポイント鍼治療なら

驚くほど改善できることも珍しくありません。

 

本日は”腸肋筋”を紹介いたします。

 

腸肋筋は前回紹介させていただいた最長筋と同じ脊柱起立筋の一つです。

最長筋の外側を骨盤から首まで走行しています。

人間がまっすぐ立つためには必要不可欠の筋肉で、

常に負担のかかりやすい筋肉です。

 

ぎっくり腰や慢性腰痛の治療では欠かせません。

当院では多くの腰痛で治療対象にしています。

 

腰が痛い、腰痛が治らない、腰痛を早く治したい、朝腰が痛い、長時間座っていると腰が痛い、

中腰がつらい、立っていると腰が痛い、歩くと腰が痛い、などなど

 

腰に関してお悩みの方はぜひ一度トリガーポイント鍼療法をお試しいただけたらと思います。

 

次回は”多裂筋”をご紹介いたします。

 

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
南浦和トリガーポイント うちくね鍼灸治療院
さいたま市南区南浦和2-35-10田中彦ビル502
Tell:048-767-3089
E-mail:s.u2017@uchikune-hari.com
院長  内久根進一
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇