さいたま市 南浦和 トリガーポイント鍼灸専門院 腰痛 肩こり 脊柱管狭窄症

HOME
治療院紹介
院長紹介
施術内容
システム・料金
24h web予約
エコーガイド下 Fasciaリリース
患者様の声
症例報告
問診票ダウンロード
院長のブログ
Facebookページ

カテゴリ

  • カテゴリーなし

カレンダー

Calendar Loading
うちくね鍼灸治療院の口コミ・感想をもっと見る

腰痛とトリガーポイント5 - 院長のブログ

おはようございます!(^o^)

さいたま市南浦和にあります

痛み・しびれの専門治療院、

うちくね鍼灸治療院です。

 

記事をお読みいただきましてありがとうございますm(_ _)m

 

腰が痛いというのは私も経験がありますが、本当に辛いことですよね。動くたびに痛かったり、じっとしてても痛かったり、常に腰をかばいながらの動作になったりしますし、とても憂鬱な気持ちにもなりますね(>_<)

 

慢性腰痛で諦めかけている方もトリガーポイント鍼灸療法なら、驚くほど改善させることが可能です。

 

諦める前にぜひ一度お試しいただけたらと思います。

 

それでは、本日は“腰方形筋”をご紹介させていただきます。

 

腰方形筋は骨盤の上側や腰骨の横の突起から始まって、1番下の肋骨についています。

 

 

体を横に倒したり、後ろにねじったり、腰骨を安定させるために活躍します。

 

この腰方形筋がトリガーポイント化しますと、慢性腰痛やぎっくり腰の原因になることがあります。

 

後ろに振り替える時に腰が痛い方、体をひねって何かをするのが痛い方、買い物袋など少し重めの手荷物を持つと腰が痛い方、表面の筋肉を治療したけど腰の痛みが治らない方、

 

腰方形筋をトリガーポイント鍼灸療法で治療すると、改善する可能性がありますのでお試しいただけたらと思います。

 

腰痛治療もどの筋肉がトリガーポイント化しているかを適切に判断することが大切ですが、超音波エコーでfasciaの癒着を評価するとより精度が高くなり、治療結果も向上します。

 

当院では、動きや触診での判断に加えてエコーでの評価も重要視させていただきますので、的確にトリガーポイントを特定し安心・安全に施術させていただきます。

 

以上、5回にわたって腰痛に関わるトリガーポイント化しやすい筋肉を解説させていただきましたが、次回からは“首の痛み・肩こり”に関わる筋肉をご紹介させていただきます。

 

次回は“僧帽筋”です。

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
南浦和トリガーポイント うちくね鍼灸治療院
さいたま市南区南浦和2-35-10田中彦ビル502
Tell:048-767-3089
E-mail:s.u2017@uchikune-hari.com
院長  内久根進一
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

Posting....